竹を燃やし釉薬の原料とします。

ワラ白釉など乳濁釉を作る時はワラの灰を使ってきましたが、庭に生えている竹を燃やし、その灰を使ってみようと思います。

竹灰

この後灰汁抜きをします。