作品紹介

銅緑釉窯変ぐい吞です。

色の変化が激しい銅緑釉窯変ぐい吞が焼けましたので紹介します。銅緑釉は窯変した場合、色の変化の具合が予想しにくい釉薬です。また、還元焔で緑色を出す釉薬を手掛けている窯元はあまりないと考えられるので、将来的にも楽しみな釉薬だと言えます。

銅緑釉窯変ぐい吞
内側の赤色の出具合も変化に富んでいます。

均窯釉窯変ぐい吞が昨日の窯出しの際、取れました。

最近均窯釉の窯変物の良品がよく取れています。昨日の窯出しの際もいい物が取れましたので、紹介します。通常の作品の時は、「焼けました」と表現するのですが、窯変物などは作者の意図以上の物なので「取れました」と表現しています。窯の神様に感謝です。

均窯釉窯変ぐい呑
柔らかい薄い緑色が魅力的です。