辰砂釉について

銅を着色材としてふくむ赤い釉薬のことを辰砂釉(しんしゃゆう)といいます。

中国の元の時代に釉裏紅(ゆうりこう)として出発した辰砂釉は、清の時代に今日見られるような赤い釉薬になりました。
焼き物の中で出しにくい色の一つとして知られ、釉薬の調合、厚さ、素地土、焼き方の四つの条件がうまく揃ってはじめて良い色が出ます。また、ふちの部分が白くなるのは辰砂釉の特徴の一つで、他の着色材(鉄など)で出す赤色と見分けるポイントになります。
そのふちの部分の白色と、本体の赤色のバランスも辰砂釉を楽しむ一つの要素になると思います。当窯元では、開窯(1975年)以来辰砂釉に取り組み、代表的な色として今日に至っております。現在、うすい赤色、濃い赤色、また、つや消し状の赤色など、色々な赤色がありますが、今後これらを更に発展させ、新しい辰砂釉を目指して努力しています。

辰砂(赤色)の器

赤い器のコーナー←クリックすると赤色の器の商品ページをご覧になれます。