三池焼改造

簡単な灰窯完成です

古い窯の煙突を利用して、灰を作る窯を作りました。灰窯と名付けます。周りのレンガや枠はまだ残ったままですが、ためている木の枝を今日焼いてみます。上の穴が木などの投入口です。

灰窯

煙突に穴をあけました。

解体中の窯の煙突を使って灰を作る窯を作るつもりでいます。煙突の側部に穴をあければそこから木等を投入できます。煙突の内側に耐火煉瓦が張ってあったので少々苦労いたしましたが、無事穴を開けることができました。この後、穴の部分を整備すれば、これで灰を作ることが出来るかどうかの実験が行えます。

煙突

煙突まで達しました。

窯の解体作業を行っています。レンガの撤去が煙突まで達しました。煙突を使って、釉薬の原料である木灰や藁灰を作れるように改良する予定です。どう改良するかは煙突の構造を調べてから検討いたします。解体作業は一時中止といたします。

窯解体